ソフトウェア紹介

ドット絵を制作する際に使われるソフトはスプライトエディタあるいは単にドット絵エディタと呼ばれます
実態としてはペイントソフトですが、ドット絵の制作に特化した様々な機能を備えているのが特徴です

以下に対応環境別の主なソフトを紹介します

 

パソコン用

クロスプラットフォーム(Windows・Mac・Linux)

Aseprite(エイスプライト) $14.99
複数のパソコン用OSで動作するスプライトエディタ
公式サイト
Steam版ストアページ

 

Windows

EDGE2(エッジツー) ¥4000
日本製の高機能スプライトエディタ
公式サイト

Graphicsgale(グラフィックスゲイル) フリーウェア
アニメーション制作に特化したスプライトエディタ
公式サイト

 

Mac

Pixen(ピクセン)$14.99
AppStoreで購入出来るMac用スプライトエディタ
公式サイト
ストアページ

 

Linux

AzPainterB(アズペインタービー) フリーウェア
フォトレタッチ等にも対応した静止画向けのスプライトエディタ
公式サイト

 

スマートフォン・タブレット用

EDGE touch(エッジタッチ) ¥360
EDGE、EDGE2と同作者によるiOSデバイス向けスプライトエディタ
ストアページ

 

ドットピクト! フリーウェア
iOS・Android両対応のスプライトエディタ
公式サイト
iOS版ストアページ
Android版ストアページ

 

※上記の情報は2017年10月10日現在のものです